横浜子ども支援協議会

 昨日、横浜子ども支援協議会に参加しました。横浜子ども教育支援協議会とは、不登校やひきこもり支援を行っているNPOや民間団体が横浜市と協力関係を作り出し、いつでもどこでも子どもたちが学ぶことが出来る環境整備を行うことを趣旨にしている協議会です。

 横浜子ども教育支援協議会の会長であり、楠の木学園理事長の武藤先生は、以前、渋谷で不登校・ひきこもりの自立支援を行なっているときからお世話になっている恩師の一人である。そうしたこともあり、横浜で不登校支援を行う当初より協議会にも参加している。

 その協議会の参画団体は、毎年増えていく傾向にある。今回の会議で、参画団体が増えれば増えるほど、細やかな支援になるように今後も密にネットワークでつながるような協議会になるよう発展してほしいなと感じた。そして、保護者が何か所も相談機関を通うのではなく、子どもに適した機関につながるようになればと感じた。